【速報】嵐さん、公式Twitter開設から数時間でフォロワー113万人

1 :ちーン :2019/11/05(火) 23:15:36.11 ID:sd9XYTf+d●.net ?2BP(2000)

日本による経済報復を受け、韓国で「日本旅行ボイコット運動」が3カ月以上続いている。
大手旅行会社ハナツアーの先月の日本旅行需要は前年同月を82.3%下回った。減少幅は8月(76.9%減)、9月(75.4%減)よりも拡大した。
時間がたっても回復の兆しがなかなか見えない。モドゥツアーの日本商品の販売も先月は91.9%落ち込んだ。

単純に日本への旅行客が減少したのにとどまらず、日本への旅行需要が他地域に吸収されることもなく、旅行会社の業績が急激に悪化している。
ハナツアーとモドゥツアーは7−9月期に営業損益が赤字を記録した。

証券業界からは「日本問題が続き、旅行会社の業績改善はどんどん難しくなってきている」とのリポートが相次いでいる。
国内の大手旅行会社は長期休暇制度である「安息年」や希望退職を受け付けるなど非常経営態勢に突入した。
ある旅行会社関係者は「通貨危機、2008年の世界的な金融危機に続き、3番目の危機が訪れた」と語った。

■日本から離れた旅行需要が消失

先月のハナツアーの海外旅行需要は前年同期比で33.2%減少した。日本への旅行者が激減したことが最大の理由だった。
モドゥツアーの場合、一時は日本商品の取り扱いが全体の30%に達したが、先月はわずか3.4%にすぎなかった。

旅行会社をもっと不安にさせているのは、日本から離れた需要が他地域に吸収されていないことだ。

ハナツアーの中国(香港含む)への先月の旅行客は前年同期比30.6%減少した。
米州(2.7%減)、欧州(10.9%減)、南太平洋(15.9%減)なども同様だ。
需要が増加したのは東南アジア(1.2%増)だけだった。

業界関係者は

「日本旅行の代替旅行先はないという業界内での話が証明された。飛行時間が短く、口に合う食べ物、

快適な環境があることを理由に日本を選ぶ旅行客は、現在のムードのせいで旅行を断念しても、他地域への旅行には出掛けない」と話した。

別の関係者は「景気が活力を失い、旅行業界では昨年から危機感が高まっているが、日本旅行ボイコット運動で最悪の状況を迎えた」と指摘した。

朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/05/2019110580073.html

0件をまとめました。
最新情報はこちら