【朗報】おねショタの理想の年齢差、女が18歳でショタが11歳が理想と確定する

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です:2019/10/31(木) 13:06:01.55 ID:VSLfAIe7●.net ?2BP(2000)

「昨夜は早々と寝てしまったので、送っていただいたLINEを今読みました。朝から吐きそうです」

 竹内昌平(仮名、45歳)から、朝の8時にLINEが入ってきた。
真剣交際に入っていた吉田真知子(仮名、42歳)の相談室から、“交際終了”の連絡が来ていたので、昨夜添付して知らせた。それを出勤前に読んだようだ。

 昌平は、有名国立大学の出身。大手メーカーに勤め年収も900万円あり、結婚相手としてはいい条件がそろっている。
ただ背が高くなく、ふくよかな体型をしていた。学歴や収入だけでなく、見た目を重視する女性も多い。

 入会面談に来たときにこんなことを言っていた。
 「人生は努力し切り開いていく、というのが信条でした。大学受験も就職試験も頑張ったから、満足する結果を得られた。
だから、“結婚も努力をすれば、何とかなる”と思ってやってきましたけど、結婚だけはうまくいかないんです」

 「やっとうまくいくと思っていたのに。僕は人を見る目がないんですかね。苦労せずに結婚している人は、いっぱいいる。
どうして人が簡単にしていく結婚が僕には、できないんだろう。
何かもうここまで頑張って結婚できないなら、しなくてもいいのかなって気になりますよ」

 私は昌平に言った。
 「結婚してこそ一人前という考え方は、もはや古い。今や結婚は個人が選択をする時代ですからね。
1人で生きていこうと思うなら、それはそれで腹をくくればいいんじゃない?」

 それから3日後。
 「結婚しなくてもいいかな」と言っていた昌平だったが、相談所協会のサイトから30件のお申し込みをかけてきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191031-00310735-toyo-soci&p=1

0件をまとめました。
最新情報はこちら