【動画】女子高の日常、エロすぎる [685321817]

1 :風吹けば名無し:2019/10/30(水) 21:32:20.17 ID:k7tNuwNda.net
2歳で身体の80%に火傷を負った16歳「僕はゾンビじゃない。中身を見て」(米)

米テキサス州ガルベストン在住のザイード・ガルシアさん(16)は2歳の時、
ロウソクの火が寝ていたベビーベッドのブランケットに燃え移り、身体の80%に火傷を負った。

当時メキシコに住んでいたザイードさんは、同州サン・アントニオの火傷専門病棟に搬送されて治療を受けたが、
医師からは「回復の望みはない。死を覚悟したほうがいい。万が一助かったとしても話すことも歩くこともできないだろう」と告げられた。

しかしザイードさんは、これまでに皮膚移植、両手首から先と右足指4本の切断など数十回に及ぶ手術を受け、奇跡的な回復を遂げた。
そして火事から14年。
16歳になったザイードさんはメディアのインタビューに応じ、自分のこれまでの人生や夢などについて次のように語った。

「火事の後、アメリカに移住して学校に通い始めましたが、いい思い出はありません。
僕の右足の指は1本しかないので、足を地面に平らにつけることができず、普通の人と歩き方が違います。
また火傷で傷ついた両目は医師が皮膚で覆ってしまい、2歳で視力を失いました。
そんな僕を見てみんなが怖がり、学校では自分の居場所がありませんでした。
僕はただ、みんなに受け入れてもらいたかったのに友達もできず、辛くて一度は自殺を試みました。」

「僕はこんな容姿だから、いつか家族に捨てられるんじゃないかと思っていたこともありました。
でも母は『どんなことがあっても、あなたは私の息子よ』と言って僕をサポートしてくれました。
家族こそ、私の喜びの源です。」

「母が私を人に紹介する時にはあらかじめ『うちの息子は障がい者だから』と伝えるのですが、最初はみんな僕を見て驚きます。

でもすぐに、重要なのは外見じゃなくて中身なんだと理解してくれるのです。
初めて会った人には『お、こいつ面白い』とか、『話しやすいな』とか、『いいやつだな』と思って欲しいから。
僕は友達と出かけるのが好きだし、悩みがあったら喜んで話を聞きます。人を思いやることができれば、優しさは返ってくると思うのです。」
http://japan.techinsight.jp/2019/10/ac10282208.html

https://d2g8igdw686xgo.cloudfront.net/42735038_1571183333782204_r.jpeg
https://d2g8igdw686xgo.cloudfront.net/42735038_1571358003252017_r.jpeg

0件をまとめました。
最新情報はこちら