【サッカー】浦和サポ、14位終戦で怒りの大ブーイング 「弱くて魅力ない」クラブ批判の横断幕も掲出

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/12/08(日) 18:13:28.72 ID:JxjhmyY89.net
浦和レッズは8日、大槻毅監督の来季続投を正式に発表した。新たにスポーツダイレクターに就任した土田尚史氏が、同日に浦和の公式HPを通じて来季に向けてのチームコンセプト、そして中長期的なビジョンをファン・サポーターへ説明している。

 浦和は今季、オズワルド・オリヴェイラ体制でシーズンをスタート。リーグ戦とACLの二冠を目標としていたが、リーグ戦では上位争いに絡めず低迷。ACLではファイナルに進出したものの、アジア制覇はならず。5月にオリヴェイラ前監督から大槻毅監督に交代してもなお、リーグ戦では不調から脱することができず、8年ぶりに二桁順位の15位でシーズンを終えた。

 苦境から脱することができなかった浦和だが、8日に大槻監督の続投を発表。立花洋一代表は「選手理念にも掲げている『浦和を背負う責任』と、チームコンセプトを良く理解した大槻監督に引き続き担ってもらいます」と続投の理由を説明していた。

 今回の体制継続の発表と同時に土田SDが、ファン・サポーターへ声明を発表。来季の目標、そして中長期的なビジョンを以下のように説明している。

「私は1992年の浦和レッズ発足以来、選手として、またコーチングスタッフとして、浦和レッズに在籍してきました。みなさまと共に闘い、喜びも悔しさも共にしてきました。また、レッズのホームタウンであり、私が住んでいるこの『浦和』を愛してきました。チームはアジアを制し、世界にも挑戦するなど、飛躍していきましたが、私たちが帰るところは、この『浦和』にほかなりません」

「しかしここ何年か、レッズと『浦和』の関わりがだんだん薄れてきているような、そんな思いにとらわれてなりませんでした。私がそう感じた理由については、ここで長々と述ませんが、クラブのあり方などについても根本的に改善すべきことがあるのではないかと思うようになりました。そういう思いから、昨シーズンでコーチングスタッフを外れ、クラブスタッフとなり、これまでとは違う立ち位置から、この浦和レッズを見てきました」

「今回、このスポーツダイレクターという職を引き受けるにあたり、浦和レッズとはこういうものだ、というブレない哲学を作り上げ、浸透させなければならないと思いました。それは『浦和を背負う責任』ということです。いまクラブは『浦和のために走り、闘い、そして貫く』をスローガンにしています」

「サッカー王国・浦和で生まれたこの『浦和レッズ』は、アジアでもナンバーワンのファン・サポーターを誇り、どこのだれよりもサッカーを愛する人たちの期待を背負っています。その責任を背負い、全身全霊で勝利を目指し、闘う。そういうチームでなければなりません」

「大切なことは、そのキーワードである、『浦和』とは何か、私たちの『浦和を背負う責任』とは何なのかを選手一人ひとりが理解することです。浦和サッカーの歴史。日本サッカーにおいて浦和が果たしてきたもの。それらを受け継ぎ「サッカーのまち 浦和」を象徴する存在であるべき『浦和レッズ』。選手一人ひとりが、それをしっかりと受け止めることで、真に『浦和を背負う責任』をプレーで表現できるようになると思います」

12/8(日) 16:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00010029-goal-socc

0件をまとめました。
最新情報はこちら